ごあいさつ

私が当院に携わりはじめたのは二十数年前でした。当時は大学病院の研修医であり、週一回、派遣での勤務でした。当時の私はまだまだ未熟者で、大学での臨床が思うようにいかず、ふさぎ込みがちでした。しかし、前院長をはじめとした諸スタッフが快く迎え入れてくれ、自由な空気のなかで診療経験を積ませていただきました。
患者さんとともにバレーやソフトボールをしたり、バス旅行に行ったことも、今となっては貴重な体験です。運動会の後、皆ですすったカップ麺は、なんともおいしかったものです。そのような温かい雰囲気のなか、私自身も働きながら病院に支えられ、今の自分があるのだなと感じています。
このような自身の体験から「病院に支えられる」ということが、患者さんに限ったことではなく、患者さんの家族、携わっている職員に関しても言えることであり、それぞれの立場で、それぞれの立場を尊重しあい、自身の生きがい、やりがいを見出し支え合う。そのような形が、患者さんの利益につながる近道ではないかと思います。

当院は立地に恵まれており、日当たりが良く、様々な草木が見られ、時折、患者さんから庭に咲いている花をほめていただくことがあります。草木一本これ治療者、という言葉もありますが、各スタッフが、それぞれの職業意識を持ち、自分なりの形で患者さんの癒しに貢献している。
そのような環境であり続けられればと思います。

近年、精神疾患に関しての理解が深まっていることを感じている一方、メディアの報道などもあり、精神科病院に対しての不安、懸念が生じていることも否めません。しかし、精神科の敷居は決して高くありません。当院は不眠症や強い物忘れ、うつ状態、パニック症、心身症など、幅広く対応しており、ご希望の方には東洋医学(漢方)的診断治療も行っており、臨床心理士の協力によるカウンセリングや精神保健福祉士(PSW)による家族相談にも応じております。どうぞお気軽においでください。

前院長は半世紀以上、当院の顔として当院を守ってきました。その長きにわたって培ってきたものを活かしつつ、日々の知見、科学的根拠に基づいた治療や、様々な福祉、社会制度を提供し、これからのニーズにも十分対応していく所存です。

院長 木村 修